So-net無料ブログ作成

【麗し大和・記者の裏話】(13)謎がオモシロイ 海龍王寺あれこれ(産経新聞)

 海龍王寺って名前、ちょっとカッコイイ。海のない奈良で、海とつながりの深い寺の1つといえるかもしれない。訪ねてみるととても小さいお寺で、イラストレーターのみうらじゅんさんから“イケ住”(イケてる住職)と名付けられた石川重元住職が、にこにこ顔で受け付けに座っていたのが好感度「大」だった。尼門跡として有名な法華寺に行くならぜひもう一歩、足を伸ばしてほしい。今回、「へええ〜」と思ったことをいくつか紹介。

 ■海龍王寺はいつからあったか?

 海竜王寺に行くには、近鉄奈良駅か大和西大寺駅、JR奈良駅からバス。「法華寺前」で降りると、バス停のすぐ前に門があり、海龍王寺の東を通る道路(東二坊大路)を見渡してみる。条坊制によって碁盤の目のように東西南北きっちりとはりめぐらされるはずだった大路が、東に60メートルほどずらされているのがわかるはずだ。

 平城京が造られる前にすでにここには寺があり、それを壊すことなく、大路の方をずらした…と考えられている。住職に聞くと、発掘調査でも飛鳥〜白鳳時代の瓦などが出たそうだ。

 で、結論はこう。(1)平城遷都前におそらく毘沙門天をまつる寺かお堂があった(2)平城遷都に伴い権力者藤原不比等の館が建てられ、その敷地にあったことからそのまま不比等の邸宅に取り込まれた(3)不比等の死後、娘の光明皇后の邸宅となり、海龍王寺が建てられた(4)玄●が住職となる…という変遷をたどったようである。

 ■玄●を見直す

 ところで、僧玄●。海龍王寺の初代住職(住持)とされている。が、実はよくわからない。後世には(艶聞も含めて)伝説も生まれたが、聖武天皇の母で、天皇を産んでから気うつ(今でいううつ病?)の病にかかり、40年近くも親子の対面すらできなかったという宮子を、遣唐使帰りの玄●が祈祷によって治した…という話が、さまざまな逸話を生んだ。

 個人的には、遣唐使で僧侶というと、薬や医学の知識もあっただろうし、失脚した人物というのはとかく後世に悪く、またはおもしろおかしく語られがちなもの、と思う。今回、興福寺に法相宗の教学に貢献した人物(法相六祖)の1人として玄●がまつられているのを知って(像もある)、改めてきちんと評価されるべきなのではないか、と思った。(図書館で「福智院の由来記」を発見。玄●について一番詳しくまとめられている資料だった)

 ■遣唐使よもやま話

 玄●は遣唐使だったが、天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」で知られる阿倍仲麻呂、4月のNHKドラマの主役になった吉備真備らと一緒の派遣だったと今回、知った。717年に唐に向かっている。

 実はもう1人、いた。2004年に「日本人留学生の墓誌発見」として大きなニュースになった、井真成(せいしんせい)。奈良大学の東野治之教授は著書「遣唐使」(岩波新書)で、中国名・井真成は葛井真成(ふじいのまなり)だと推定されていて、玄●らと同じ船で唐にわたったとみられるのだ。

 とすると、留学生(僧)のうち、玄●と真備は日本に帰国して一時は政治の中枢で活躍、仲麻呂と真成は帰国かなわず唐で生涯を閉じた…という毛かKになる。想像するしかないけれど、それぞれの生涯がドラマだったろうと思った次第。

 ●=日へんに方

【関連記事】
お堂の中に塔がすっぽり?! 謎の海龍王寺と五重小塔
女人禁制と「青衣の女人」 
雪の室生寺と土門拳 執念で撮った雪景色
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像
平城京遷都は急がなくていい? 女帝がしぶったワケ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)
チューリップ 700本が倒される…大阪・鶴見緑地(毎日新聞)
<地震>茨城県南部で震度3=午前10時29分(毎日新聞)
首相動静(3月28日)(時事通信)
ヒゲで評価ダウンは不当 慰謝料支払い命令(産経新聞)

センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)

 第82回センバツ大会第2日の22日、45年ぶりの勝利を挙げた向陽(和歌山)。戦前の旧制海草中学時代には伝説の左腕・嶋清一投手(故人)らを擁して夏の甲子園を連覇した強豪だったが、校名変更などの影響で海草OBと向陽OBとの間には溝があった。それを埋める現役選手の活躍にスタンドのOBたちは感激の表情だった。

 四回、向陽の先制に沸く三塁側アルプス席。海草OBの中山祐昭(さちあき)さん(80)=和歌山市=は「派手さはないがコツコツと。これぞ海草野球」と喜んだ。思い起こすのは、71年前の夏の甲子園準決勝。近くの三塁側席で、嶋投手のピッチングを見て、海草野球部にあこがれ、海草中に進学した。ところが戦況悪化で野球は中断、嶋投手は45年3月、学徒出陣で戦火に散った。

 戦後、「海草」の名は消えた。学区制の導入で、当時の主力選手は旧制和歌山中を前身とする桐蔭高校に転校した。桐蔭は48年夏の甲子園で準優勝。海草OBは向陽ではなく桐蔭で後輩に指導するようになった。海草OBと向陽OBには次第に距離が生まれ、嶋投手と海草野球部は歴史に埋もれた。

 再び光が当たったのは半世紀後。98年夏の甲子園決勝での横浜(神奈川)の松坂大輔投手(現ボストン・レッドソックス)のノーヒット・ノーランで、嶋投手の記録に関心が集まり、08年野球殿堂入り。刺激を受けた野球部員も懸命に練習に取り組み、21世紀枠で出場を果たした。

 2月、海草中で嶋投手のチームメートだった古角(こすみ)俊郎さん(88)=和歌山県那智勝浦町=が初めて母校で現役部員たちを指導。「70年前から言われていることだが」と断りながら打撃での腰の回転の重要性を説いた。そばで見ていた中山さんは「嶋さんと今の選手たちが海草(OB)と向陽(OB)の橋渡しをしてくれた」と感じた。

 開幕前、初めて和歌山市内の嶋投手の墓に参ったナイン。粘り強く守り、相手の反撃を1点に抑えた。好投した右腕の藤田達也投手(3年)は「自分が右から投げている時、嶋さんが左から一緒に投げているような気がした」と語る。古角さんは「海草の野球が生きていた。こんな素晴らしい試合をしてくれて、嶋も天国で喜んでいるはず」と笑顔だった。【加藤明子、遠藤孝康】

【関連ニュース】
白球と戦争:海草・向陽野球の原点/上 /和歌山

井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決−JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)
拉致支援法案が衆院通過(時事通信)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
<体重>中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査(毎日新聞)
貨物機炎上 事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)

【私も言いたい】テーマ「小沢一郎幹事長の進退」(産経新聞)

 ■「辞職」「更迭」は8割近く

 今回のテーマ「小沢一郎幹事長の進退」について、16日までに6245人(男性4785人、女性1460人)から回答がありました=表参照。「小沢氏は幹事長を辞めるべきだ」「自発的な辞職がない場合、鳩山由紀夫首相が更迭すべきだ」はいずれも8割近くに達し、「政権交代は小沢氏の功績」は4割弱になりました。

                   ◇

〔1〕小沢氏は幹事長を辞めるべきか

   78%←YES NO→22%

〔2〕自発的な辞職がない場合、鳩山由紀夫首相が更迭すべきだと思うか

   76%←YES NO→24%

〔3〕政権交代は、小沢氏の功績だったと思うか

   39%←YES NO→61%

                   ◇

 ○小沢氏はけじめつけよ

 岡山・男性無職(66)「一般国民へは常識で分かる説明がなされなければいけない。現在の小沢幹事長、鳩山首相の説明は全く非常識で納得できない」

 福島・主婦(46)「民主党はずるい。野党時代は与党に対して『秘書の罪は政治家の罪』と弾劾していながら、自らが同じ立場に立つと、うやむやにしてしまう。言動不一致、卑怯(ひきょう)だ。衆院を解散し、衆参同日選挙になってほしい」

 京都・男性会社員(58)「民主党が選挙に勝ったのは、税金の無駄と自民党に失望したから。小沢氏とは関係ない」

 東京・男性会社員(62)「法律に触れなければ、何をやっても構わないという風潮が世間全体を覆うようでは困る。責任ある者はけじめをつけるべきだ」

 秋田・男性無職(60)「民主党に期待していたが裏切られた。あらためて何もできない政党と分かった」

 神奈川・男性会社員(39)「政権交代が小沢氏の功績でないのは、度重なる地方選の敗北で明らか。自浄能力を示すためにもぜひ更迭すべきだ」

 ●悪玉もいい仕事をする

 福岡・男性会社員(60)「小沢幹事長に期待している。腐りきった自民党政治に帰ってほしくない。カネの問題は多少なりとも、どの党も同じなので司法に任せ、野党、特に自民党は国民のためにきちんと政策論議をすべきだ」

 茨城・男性無職(84)「頭から小沢氏は悪い人間だ、と決めつけた考え方には賛成できない」

 神奈川・男性無職(60)「自民党の長期政権でしがらみや癒着が蔓延(まんえん)し、国民主体であるべき政治が完全に疲弊していたところを、政権交代で風穴を開けたと感じている」

 東京・男性会社員(73)「小沢氏が問題と思えば、次の選挙で小沢氏に投票しなければよい。選挙民は嫌なら投票しないという権限を持っているのだから、静かに忍耐強く政治家の行動を見ることが大切だ。悪玉と思った政治家が良い仕事をした歴史は多い」

 北海道・男性会社員(65)「小沢氏の発言力は確かに強いが、この4年間は任せるべきだ」

 東京・主婦(50)「やっと政権交代した。しっかりした仕事に期待している」

 神奈川・男性会社員(58)「小沢氏は真の政治家だ。日本のかじ取りができる政治家は今のところ彼しかいない」

【関連記事】
生方幸夫民主副幹事長「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」
小沢氏進退判断 「リミットは4月」
「歴史的使命で判断を」小沢氏に進退検討促す
小沢氏強調「民主支持率はまだまだ高い」
小沢氏ショック! 内閣支持率下落が止まらない!戦略裏目
20年後、日本はありますか?

<交通事故>練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉(毎日新聞)
乳児揺さぶり殺害 容疑の母親「泣きやまず立腹」(産経新聞)
女性下士官の身柄拘束=当て逃げ、飲酒運転か−在沖米軍(時事通信)
<S−1>初の総合王者にNON STYLE 1億円獲得(毎日新聞)
米軍車両、ひき逃げか=軽自動車の2歳男児軽傷−沖縄(時事通信)

公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は16日夕、子ども手当、高校授業料実質無償化の両法案の衆院本会議の採決で、野党の公明、共産両党が賛成したことについて、「ばらまきのような批判も一部ではあったが、大変ありがたいと感謝している」と述べた。
 また、2011年度以降の子ども手当の財源に関し「子どもに将来の負担が増えるみたいな話に陥ってはいけないので、徹底的に歳出削減、予算見直しを行って財源を見いだしたい」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
日韓EPA交渉の再開模索へ=鳩山首相が関心、こう着打開目指す
B型肝炎訴訟で閣僚会議=国家戦略担当相が窓口
トキ襲撃の記述を=生物多様性国家戦略に

牛丼店強盗事件に店員が便乗、1万円盗む(読売新聞)
「死ぬかもと思ってた」奈良5歳児虐待死の母親(読売新聞)
札幌ホーム火災 未明の惨事、誘導難しく(毎日新聞)
「信長の命令で廃絶」示す遺構出土 奈良・筒井城跡(産経新聞)
<雑記帳>橋下知事も自転車で走る…開通前の高速道路(毎日新聞)

SS身柄引き渡しに官房長官「司法が適切に判断」(産経新聞)

 平野博文官房長官は12日午前の記者会見で、日本の調査捕鯨船団の監視船に違法侵入した米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーの引き渡しについて「(今後は)司法の判断で適切に対処する」と述べた上で、日本側のこれまでの対応について「(引き渡しまで)時間がかかったのはやむを得ないが、ある意味、適切にしている」との認識を示した。

 日豪関係への影響について平野氏は「今日までもそれぞれの国の主張をしているわけで、そのことで関係悪化することはない」と述べた。

【関連記事】
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
EU、条件付きで取引禁止支持 大西洋クロマグロ、日本さらに厳しく
SS船長「快適」拘束生活 反捕鯨でも肉料理ペロリ
豪警察SS船捜索 岡田外相「理解し、行動に移してくれた」
“ご法度”の肉も食べて…SS抗議船長の“正体”
20年後、日本はありますか?

<DAYSフォト大賞>1位に「ケニアの干ばつ」(毎日新聞)
歌声失って14年の苦闘、仲間に支えられて復活 ミュージシャン・森友嵐士さん(産経新聞)
大阪府教委も国を滅ぼす!? 元校長激白「国旗降ろせと圧力あった」(産経新聞)
首相、訪米に意欲 米国土安全保障長官と会談(産経新聞)
<日韓警察>トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)

阿久根市議会、課長「市長命令で説明できない」(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が市議会本会議への出席を拒否している問題で、市議会は11日、予算特別委員会(15人)を開いた。

 出席した上野正順総務課長は「市長の命令で説明できない」と退席した。委員会は一時、審議がストップした。

 竹原市長ら執行部は4、5、10日の3日間、「議場にマスコミがいる」などとして本会議を欠席。市議会は新年度予算案の質疑ができず、議案を予算特別委に付託した。

 予算特別委はこの日午前10時に開会。議会事務局、監査事務局などは審議に応じたが、市政運営全般にかかわる総務課の上野課長は「市長から『説明及び質疑について対応せずに退席しろ』と命令を受けた。申し訳ないですが退席させてもらいます」と述べ、席を立った。

 委員からは「市民への説明責任の放棄だ」などの声が上がった。

舛添氏、鳩山氏との連携「具体的なことは決まっていない」(産経新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相「教科内容で決めず」(産経新聞)
<三菱自動車>欠陥隠し裁判 ふそう元会長ら有罪確定へ(毎日新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)

<地下鉄サリン>遺族が関係者取材、映像に 20日で15年(毎日新聞)

 地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(63)が、被害者や捜査にかかわった人たちをインタビューした記録映像が13日、「地下鉄サリン事件から15年のつどい」で上映される。「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人として、いつもは取材される側の高橋さんだが、「事件を知らない若い人たちに何が起きたか伝えたい」と自ら11人を取材し、ビデオ映像に残した。【山本浩資】

 事件は95年3月20日朝に発生。営団地下鉄(現東京メトロ)霞ケ関駅助役だった夫一正さん(当時50歳)は勤務中にサリンを吸って亡くなり、高橋さんは被害者救済を求めて活動してきた。被害者や遺族に国が給付金を支払う「オウム真理教犯罪被害者救済法」が08年12月に施行されたこともあり、これまでの道のりを関係者の証言で伝えようと思い立ち、昨秋から取材を始めた。インタビューしたのは、遺族や被害者のほか、当時警察庁長官だった国松孝次さん、被害者が運ばれた聖路加国際病院の救急医だった奥村徹さん、警察庁の犯罪被害者対策室長だった太田裕之さん、前検事総長の但木敬一さんら。

 被害者は何を要望し、関係者はどのように受け止めたのか……。ずっと感じていた疑問や次代に語り継ぐべきことを考えながら質問した。事件で娘を失った遺族への取材では、一緒に涙を流した。

 「当時の法律では被害者救済はおろか、捜査にも縛りがあった。歯がゆい思いをしていたのは私たち被害者だけではなく、法律を一つ成立させることがどれほど大変かと実感した」と取材を振り返る。映像は20時間にも及び、悩みながら約1時間に編集した。高橋さんは「被害者の言葉で紡ぐと重たい話になるが、被害者以外の客観的な言葉は誰もの心に受け入れられると思う。一人でも多くの人に見てほしい」と話している。

 ◇13日に日本プレスセンターホールで

 「地下鉄サリン事件から15年のつどい」は13日午後1時、東京都千代田区内幸町2の日本プレスセンターホールで開かれる。入場無料。

【関連ニュース】
地下鉄サリン事件:15年経てドラマ化 原田美枝子「被害者の苦しみ伝えたい」 フジテレビ
忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)(1/2ページ)
地下鉄サリン事件
迫る時効:警察庁長官狙撃事件/下 「指揮に迷い」 捜査員に疑心
迫る時効:警察庁長官狙撃事件/中 段ボール3箱、元巡査長の「供述」

ケータイ派? パソコン派? 上手にこなす若い世代(産経新聞)
白、ピンク…サクラソウ満開 板橋区の小学校(産経新聞)
恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ(毎日新聞)
甲南大の「DNAモデル」、ギネスで世界最大に認定(産経新聞)
建築基準法見直しへ議論開始=今夏めどに報告−国交省検討会(時事通信)

<民主>参院選対策本部の看板かける 鳩山首相と小沢幹事長(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長は8日、民主党本部で「参議院選挙対策本部」(本部長・鳩山首相)の看板かけを行った。2日の首相と小沢氏との会談で、設置と、本部長に首相が就任することで一致していた。これに先立ち、小沢氏は山形市内のホテルで記者会見し、参院選について「(改選数1の)1人区の勝敗が、過半数を目標とする選挙戦の大きな要素になる」と述べ、1人区対策を重視する考えを強調した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
鳩山首相:支持率回復への改造否定
鳩山首相:「いのち」確認の一日?お宮参り後、墓前で合掌
民主党:枝野氏が県連代表を辞任…政務三役との兼任解消
日本アカデミー賞:鳩山首相が授賞式に出席 上機嫌で祝辞
内閣府参与:湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として

北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
がんを知るフォーラム 福岡では650人参加(毎日新聞)
火災 住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
<PKO>ネパール支援4カ月延長(毎日新聞)
新国立劇場の大道具、野積みでカビや腐食(読売新聞)

遭難の男女、全員無事=宮城・山形県境の船形山(時事通信)

 宮城、山形県境の船形山(1500メートル)で連絡が途絶えた仙台市泉区の無職庭野勲夫さん(70)から2日朝、家族に電話があり、男女3人のグループ全員が無事であることが分かった。宮城県警山岳救助隊が捜索を続けている。グループは計4人との情報もあったが、3人で入山していた。
 同県警大和署によると、同日午前7時ごろ、庭野さんから妻に「3人とも無事」と電話があり、「夜は雪に穴を掘って過ごした」と話したという。
 3人は1日午前8時ごろ入山。午後5時ごろ、庭野さんから「下山途中、道に迷った」と家族に連絡があり、その後携帯電話がつながらなくなっていた。現場周辺では雪が降っており、数メートルの積雪があった。 

【関連ニュース】
津波警戒に全力=鳩山首相「一人の被害も出さない」
ガイドの連携、対応に問題=ツアー会社、危機甘さも
年末年始の山岳遭難28人=死者・不明者は6人
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし
片山右京さん、富士山で一時遭難=無事確認、同行の2人不明

狂犬病予防法違反で業者逮捕=無許可飼育も360匹−兵庫県警(時事通信)
「絶対、海に近づかないで」鳩山首相も呼びかけ 大津波警報で(産経新聞)
パチンコ攻略法の被害増加=業者9割所在確認できず−141社調査、「求人」方式も(時事通信)
ゴルフ場で3人生き埋め=水道工事中、1人は意識不明−岐阜(時事通信)
<ソーラー飛行機>2年後に世界一周に出発 スイス人が挑戦(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。